森信三の世界:社団法人実践人の家
「人生二度なし」
如何に生きるべきかの根本真理の世界へ
HOME > 取扱書籍 > 修身教授録

B015 修身教授録  森信三著
森信三先生の全身全霊をこめて求道と人間の生き方をまとめられた格調高い名著です。

読者レビューを見る
発行: 致知出版社
サイズ: 縦19.5×横13.0cm
頁数: 531P
価格: 2,300 円 (税別)
送料: 別途実費
 冊  
森信三先生が昭和12年天王寺師範学校の修身科講師として教科書を使用せず口述で講義をされました。
その講義記録を師範生に筆録した内容です。
これが当時国語教育の第一人者の芦田恵之助先生の目に止まり、出版され当時の全国的ベストセラ−になりました。
戦後致知出版社により復刊され、教育界のみならず民間企業界の人々に広く愛読されています。
人生の悩み・迷いの解決、決断にかかせない座右の書として、不朽の名著として評価されています。

<第一部−修身教授録(T)目次>
1. 学年始めの挨拶21.血・育ち・教え
2. 人間と生まれて22.鍛錬道(T)
3. 生をこの国土にうけて23.鍛錬道(U)
4. 生を教育に求めて24.性欲の問題
5. 教育者の道25.質問
6. 人生の終始26.仕事の処理
7. 志学27.成形の功徳
8. 学問・修養の目標28.一人一研究
9. 読書29.対話について
10.尚友30.謙遜と卑屈
11.人と禽獣と異なるゆえん31.上位者に対する心得
12.捨欲即大欲32.目下の人に対する心得
13.使命の道33.ペスタロッチ−断片
14.真実の生活34.国民教育の眼目
15.諸君らの将来35.為政への関心
16.一道をひらく者(T)36.誠
17.一道をひらく者(U)37.死生の問題
18.人を植える道38.小学教師の理想
19.松陰先生の片鱗39.教育の窮極
20.雑話40.わかれの言葉

<第二部−修身教授録(U)目次>
1. 挨拶21.故人に尽くす一つの途
2. 立志22.下座行
3. 人生二度なし23.卒業後の指導
4. 生命の愛惜24.出処進退
5. 一つの目標25.最善観
6. 意地と凝り性26.二種の苦労人
7. 大志を抱け27.世の中は正直
8. 気品28.平常心是道
9. 情熱29.人生は妙味津々
10.三十年30.試験について
11.長所と短所31.真面目
12.偉人のいろいろ32.教育と礼
13.伝記を読む時期33.敬について
14.人生の深さ34.ねばり
15.一時一事35.批評的態度というもの
16.良ェ戒語36.一日の意味
17.質問37ペスタロッチ−
18.忍耐38.置土産
19.自修の人39.わかれの言葉
20.老木の美


このホームページのすべての文章の文責および著作権は社団法人 実践人の家に帰属します。